2009年10月04日

『重力ピエロ』を観た感想です。

90点(人間ドラマとしても見応え十分)/100点満点

伊坂幸太郎原作のこの作品、今月DVD発売を知りつつも先週撮影出張先の山口で、まだ劇場公開していたので観てきました。 上出来の作品でした。 映画を観た後で、原作を読んでみましたが、う〜ん、映画の方がいい感じでした。

juuryokup.jpg

描かれている一つの家族。 長男の泉水(イズミ)[加瀬亮]とその弟・春(ハル)[岡田将生]、そして父[小日向文世]と今は亡き母[鈴木京香]の4人。
ごく普通の家族というわけではない。しかしその絆は、うらやましいほどに強く、真実味があります。

血の繋がりとは? 正義とは? ミステリーとしてのスリリングな展開の中に力強い人間ドラマが描かれています。
小日向文世が演ずる一見頼りなさそうな父親の内に秘めた妻へのそして息子たちへの愛情の強さと優しさが、「俺たちは最強の家族だ!」と言い放つセリフに説得力を与え、作品のテーマをより際立たせてくれます。

重く暗くなりがちな家族の秘密と、渡部篤郎扮する嫌な男の関係が明らかになっていく絶妙のバランス感覚を堪能し、まさに“重力から解き放たれた”ような後味の良さに身をゆだねてください。

  

posted by ko-ji at 20:28| Comment(2) | TrackBack(3) | 映画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
まさに。展開も良かったですしね。
考えさせられる内容にも関わらず、
くすっと笑えるところもあって全体的に良かったです。

マニアックかもしれないですが、
泉水が放火の知らせを春から聞いたときに、
咄嗟に出た「どこ!?」という台詞と演技がすきです〜
Posted by makinboooo at 2009年11月28日 01:58
う〜ん。どんな演技だったか思い出せないけど、“血がつながった兄”以上の思いやりとそれをそうと感じさせない言葉づかいが優しい兄でしたね。
Posted by ko-ji at 2009年11月28日 16:48
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック

【重力ピエロ】 伊坂幸太郎
Excerpt: 「オーデュポンの祈り」「ゴールデンスランバー」と伊坂幸太郎の作品を読んだが、どれも変わったタイトルだなというのが第一印象だ。 タイトルはできればストーリーとマッチしているのがいいと個人的には思うのだが..
Weblog: こんな本を読んだ
Tracked: 2009-10-11 00:10

本・映/「重力ピエロ」伊坂幸太郎
Excerpt: 伊坂幸太郎は、ここ数年好きな作家です。さらっとしてる。 「重力ピエロ」は、2003年の直木賞ノミネート作品。 映画が意外によかった。…だいぶよかった(笑) ただ、原作と映画では、芯にしたものがちょっ..
Weblog: 鳩ポップ
Tracked: 2009-12-31 02:38

重力ピエロ 伊坂幸太郎
Excerpt: 兄は泉水、二つ下の弟は春、優しい父、美しい母。家族には、過去に辛い出来事があった。その記憶を抱えて兄弟が大人になった頃、事件は始ま...
Weblog: カブシキ!
Tracked: 2010-05-01 13:49
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。