2009年11月17日

『イングロリアス・バスターズ』を観た感想です。

90点(こんな戦争映画観たことない!)/100点満点

試写に誘われたので観てきました。

突き抜けている! 奇想天外ですが、ハチャメチャではなく、爽快なまとまりをみせてくれます。
inglourious.jpg
タランティーノは戦争映画向きなのかも。 彼のストレートな残虐描写は、もちろんギャング作品向きでありますが、戦争、ことにナチスの残虐性を描き、そのナチスを怯えさせる残虐行為をブラッド・ピットらに怪演させる監督としてもレベルの高い仕事をやってくれています。 日常生活における人間の残虐性は、観ていて気持ちのいいものではないのですが、舞台が戦時下だということでその行為を観客に納得させ、緊張感みなぎるエンターテイメントに仕上げるための爽快なスパイスにしています。

イタリア語にまつわるやり取りは、爆笑でした。

まあ戦争映画ですから、基本的には男性向きの作品です。たぶん…。だけど明るく突き抜けている作品で、しかもブラピですし、多少刺激的な作品が好きな女性であれば十分に思いっきり楽しめると思います。

それにしても、ナチス将校のランダ大佐は、東西ドイツ冷戦下が舞台の『善き人のためのソナタ』で描かれた国家保安局(シュタージ)のヴィースラー大尉に、なぜだかダブって見えました。 二人とも頭が良くて、鋭くて。 もちろんヴィースラーは愛すべき大尉で、本作のランダ大佐は“狡猾”で“おもしろい”、“嫌な”奴ですが。

 

posted by ko-ji at 21:41| Comment(9) | TrackBack(10) | 映画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
はじめまして
私はママデュークと申します。
トラックバックありがとうございました。
良く分らないのですが、チャットレディというのはあやしい商売ではないですよね?
イングロリアスバスターズはボクも面白かったです。
それでは失礼いたしました。
Posted by ママデューク at 2009年11月23日 17:40
コメントありがとうございます。
あやしくありませんよ。
チャットレディ=一所懸命に頑張っている女性、と私は思っています。
Posted by ko-ji at 2009年11月24日 00:31
そうですか。失礼しました。
イングロリアスバスターズはホントに良かったです。メラニー・ロランは祖父がホントにナチの迫害を受けたユダヤ系フランス人らしいです。キャストのこだわりにも驚きます。
それでは失礼いたします。
Posted by ママデューク at 2009年11月24日 19:31
そうなんですか。では、メラニーは演じながら、祖父の無念の思いを晴らしたわけですね。今後の作品でも頑張って欲しいなぁ。
Posted by ko-ji at 2009年11月25日 16:46
男性向けの映画でしたかぁ〜
私には、CMを観て期待し過ぎたせいか
ちょっと面白いまでいきませんでしたxxx
Posted by kaworu at 2010年01月10日 01:06
トラックバックありがとうございました。
「善き人のためのソナタ」も見たのですが、確かに頭がいいところとか、前半のヴィースラーと通じるものがありますね。
Posted by しのぶん at 2010年01月10日 20:48
Kaworuさん
まあ、戦争映画だからねぇ。
しのぶんさん
だよねー。似てるよね。
Posted by ko-ji at 2010年01月11日 11:47
トラックバックありがとうございます。
情報量と分かりやすい文章。
すばらしいの一言でした。
残念ながら男なのでチャットレディーにはなれそうにもないですが。それではまた。
Posted by どんぶら at 2010年01月17日 00:48
どんぷらさん
わかりやすい文章にはなるように気をつけていますが、情報量はまだまだです。
Posted by ko-ji at 2010年01月22日 15:55
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック

映画「イングロリアス・バスターズ」@東京国際フォーラム ホールA
Excerpt:  当日はジャパン・プレミア試写会と言う事で映画上映前に、クエンティン・タランティーノ監督、出演者のブラッド・ピット、メラニー・ロラン、ジュリー・ドリュフェスの舞台挨拶があって映画が上映された。タランテ..
Weblog: masalaの辛口映画館
Tracked: 2009-11-18 00:42

イングロリアス・バスターズ
Excerpt: クエンティン・タランティーノ監督の最新作、戦争犯罪>ハーグ陸戦条約違反>戦時捕虜虐待>戦死者遺体損壊助長映画(笑) 「イングロリアス・バスターズ」を観てきました。 劇場映画は久しぶりに足を..
Weblog: まっぴら倶楽部録!
Tracked: 2009-11-23 08:17

イングロリアス・バスターズ
Excerpt: ナチスの宣伝大臣ゲッペルス(シルヴェスター・グロート)は、僅か数日で300人近い連合軍兵士を殺した若き英雄フレデリック(ダニエル・ブリュール)をモデルにしたプロパガンダ映画「国家の誇り」をフレデリック..
Weblog: I am invincible !
Tracked: 2009-11-23 10:17

『イングロリアス・バスターズ』(2009)/アメリカ
Excerpt: 原題:INGLOURIOUSBASTERDS監督・脚本:クエンティン・タランティーノ出演:ブラッド・ピット、メラニー・ロラン、クリストフ・ヴァルツ、ダニエル・ブリュール、イーライ・ロス、ダイアン・クル..
Weblog: NiceOne!!
Tracked: 2009-11-23 23:58

☆「イングロリアス・バスターズ」メモ
Excerpt: 今年,最後にアップするのはクエンティン・タランティーノ監督の最新作「イングロリアス・バスターズ」.実際に鑑賞したのはだいぶ前なのですが,ついつい先延ばしして,アップが今日になってしまいました.
Weblog: 気ままに映画メモ
Tracked: 2010-01-08 12:41

[あ行][映画][★★★★][M]イングロリアス・バスターズ……この架空戦記設定は、旧日本軍にも有効!
Excerpt: ★★★★ 日本ではぜんぜん流行っていない、タランティーノの最新作『イングロリアス・バスターズ』。 これは、映画館がモチーフなので、きっとDVDで見たらおもしろさ半減ではないだろうか。 映画館でやって..
Weblog: ほとんど映画の話ばかりのビジネス書レビュー
Tracked: 2010-01-08 13:34

「イングロリアス・バスターズ」新宿武蔵野館にて鑑賞
Excerpt: 有給休暇が余ってるんで仕事に支障の無いとこで休みにしてみたけど、映画を観に行くくらいやることがありませんということで、新宿武蔵野館の株主優待券利用で「イングロリアス・バスターズ」を観ましたさすがは、ク..
Weblog: 流れ流れて八丈島
Tracked: 2010-01-08 20:08

「イングロリアス・バスターズ」映画感想
Excerpt: [1/2に書きました] 「もし、面白くなければ全額返金します」という触れ込みでタランティーノが自信を持ってお届けするはっちゃけた戦争映画(...
Weblog: ライトオタクなOL奥様の節約入門日記
Tracked: 2010-01-10 20:48

イングロリアス・バスターズ
Excerpt: 『イングロリアス・バスターズ』 “INGLOURIOUS BASTERDS”  (2009・アメリカ) 2h32 監督・脚本 : クエンティン・タランティーノ 出演 : ブラッド・ピット、..
Weblog: 映画山
Tracked: 2010-01-13 19:57

イングロリアス・バスターズ
Excerpt: ■ 新宿ピカデリーにて鑑賞イングロリアス・バスターズ/Inglourious Basterds 2009年/アメリカ/152分 監督: クエンティン・タランティーノ 出演...
Weblog: 映画三昧、活字中毒
Tracked: 2010-01-16 04:09
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。