2010年06月15日

『恋するベーカリー』を観た感想です。

90点(大笑い!)/100点満点

観たいなーと思いつつ、忙しくてなかなか行けなかったこの作品、何と福岡県・小倉(小倉昭和館)で観れました。 ありがとう。

ベーカリー店を経営する50代の女性ジェーン(メリル・ストリープ)と、彼女と10年前に別れた弁護士ジェイク(アレック・ボールドウィン)、そしてジェーンと恋仲になる同じくバツイチの建築家アダム(スティーブ・マーティン)が織りなすラブコメディ。
いくつになっても、恋することを忘れちゃいけない。恋すれば恋しないよりも楽しいに決まってると思えてくる後味の良い作品でした。

koi1.jpg アレック・ボールドウィンは、ワーキング・ガールでの脇役が好きだった役者で、その後2枚目主役路線になかなか乗れなかったわけですが、今回はどうしてどうして立派に主役ですよ。もちろんメリル・ストリープの方が断然格が上ですが、本作で観客を笑わせてくれるのはボールドウィン。 コメディアンのスティーブ・マーティンでもありません。 いかす胸毛は健在ですが、その下の腹が出てること出てること。腹以外のぜい肉もたっぷり感十分! それでもって、ナイスバディの若妻と再婚している身分でありながら、自信たっぷりに元妻を口説きにかかる、これぞ堂々たる節操無き男の本性! そのあまりの“男らしさ”に元妻ジェーンも魅かれてしまって、ベッドイン。 果たして、ジェーンはジェイクを選ぶのか、それとも紳士的なアダムを選ぶのか!

ハッパを吸ってラリっちゃうという、あまりよくないシーンもありますが、まあ大人の映画ということで。

koi2.jpg ジェーンがアダムに焼いてあげるチョコレート・クロワッサンがとっても美味しそう。 アダムが見ている前でパン生地作りからチョコレートを巻いて焼き上げるまで、とっても楽しそうな二人。 美味しそうに食べるアダムの表情はジェーンへの敬意すら感じる紳士的な雰囲気がとてもよく(スティーブ・マーティンのおふざけでない、こういう演技は好きだ。ラリったシーンで一瞬だけどスティーブらしさも忘れてないところがまたいい。)、きっと『恋するベーカリー』という邦題は、人生もこんな風に手間を惜しまず丁寧に美味しく焼き上げたいね、というジェーンの気持ちを表しているのだろう。 ちなみに原題の日本語訳は『複雑だよ』。 作品の内容をストレートに表現しているのは原題の方だけど、手を抜き過ぎだよ。

それにしても、この作品のカメラマンは、とことんメリル・ストリープを明るくコミカルに撮影しています。ベッドシーンでも。もちろん彼女の妖艶さを際立たせようと思えばいくらでも出来るはずですが、そうしなかったのはこの作品では大正解。 ジェーン役をメリル・ストリープではなく、ダイアン・レインに代えて、もっともっと女の色気を絵にすれば、う〜ん、たぶんまったく違う作品になっちゃうな。観てみたい?


posted by ko-ji at 15:12| Comment(0) | TrackBack(0) | 映画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。